老人の臭いの原因は洋服!対策と頑固な老人臭の綺麗な落としかた

梅雨時になってくるとにおいがやはりいつもより気になりますよね。
特にお年寄りの加齢臭などは仕方ないとはいえ気になるもの

出来るだけ何とかしたいですよね。
なのでにおいの原因になっている要因の一つを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

老人のにおいの原因と対策

声を大きくして言えないのですがやはりご老人のにおいって独特ですよね?

私の祖母も要介護になってしまい世話をしなければならなくなり
良く会うのですがそのたびに臭いが気になってしまいました。

老人はなぜにおいがするのでしょうか?
年を取るとにおってしまうのは加齢臭と思われがちですが、正確には老人臭と言われているものです。
内臓の機能が落ちることによって体のうちから老廃物が分解されず口や尿、汗腺などの体外に排出されるあたりから臭いが出てきてしまいます。

よく老人のおしっこが臭いと言われているのはそのためなんですね。
こればっかりは大元を治すのは難しいです。

ではこのにおいは諦めなければいけないのでしょうか?
決してそういうわけではありません。

実は耐えられないほどの老人臭がしている人の大半の原因は「洋服」だったのです!
なので毎日着替えていればある程度のにおいは抑えることができます。

しかし着替えている人でもにおいがきつい人もいます。
これは老人臭は染みついた服を着続けているためです。

しかも老人臭は普通の洗濯方法ではまず落ちません。
なので臭いを落とす洗い方が大事なのです。

それでは老人臭の落としかたはどうすればいいのでしょうか?

老人臭の落としかた

これから紹介するのは、老人臭だけではなく臭い全般落とせる方法なので是非応用してください。

臭いは「柔軟剤」や「消臭剤」など香りをかぶせても決して相殺されません。
臭いの原因になっているのは菌ではなく、たんぱく質・油脂でありこれらを分解しなければならないからです。

そこで有効なのが酸素系洗剤です。
酸素系の洗剤は漂白だけではなく臭いもっきちり落としてくれるのです。

使い方は簡単で洋服を酸素系洗剤で漬け置きすること
量は洗剤の指定している数値を守り、1時間ほどつけておきます。
そして、その漬け置いた水ごと洗濯機に入れてしまえばOKです。

漬け置くテクニックとしてはお皿などを服の上からおき、重石の代わりにします。
このことによってムラなく漬けられるので上手に洗濯できるのです。

スポンサーリンク

酸素系で有名なのは花王の「ワイドハイター」ですね。
ホームセンターのなどで売っている粉体洗剤「過炭酸ナトリウム」なども安価で十分効果はあります。

市販されている酸素系洗剤のメリットとしては、反応を促進している媒体が入っているので
効果的に洗うことができます。

酸素系洗剤の注意点

酸素系洗剤の注意点です。

・塩素系、還元系洗剤と同時に使わない
塩素、還元系洗剤は酸素系と反応してしまうので洗剤の能力が落ちてしまいます。

・手荒れしやすいので気をつける
強力な洗剤なので皮膚が弱い方は手袋などして対策しましょう。

・絹、ウールなど動物性の衣類には使用できない
これらの動物性の衣服はすぐに傷んでしまうため使用を避けましょう。

・漂白作用がある
漂白作用があるので色がついているものは色落ちしてしまいます。
長時間の漬け置きは危険なので1時間をしっかり守りましょう。
特に緑色の染色は落ちやすいので要注意です。

・使用する際はぬるま湯(40度位)
過炭酸ナトリウムなどの粉体は溶けにくいことと、反応に適した温度があるため
ぬるま湯のほうが上手く選択することができます。

まとめ

強烈な老人臭の原因になりがちなのは洋服
私の祖母は洗濯をしっかりしてあげてからだいぶ臭いが落ち着きました!

是非皆さんも試してください。

スポンサーリンク