コルクサンダルの臭いの原因と予防。新品の緒の柔らかくする方法を紹介

男の夏のサンダルといえばコルクサンダルって結構多いと思います。
オシャレだし手軽に履けるので便利ですよね!

でもコルクサンダルってすぐ色が黒くなるし臭くなりますよね?
洗っても落ちないしむしろ臭くなってしまったなんてことも

なのでコルクサンダルの手入れについて紹介します。

スポンサーリンク

コルクサンダルはなぜ臭くなるのか?

コルクサンダルを履こうとかがんだ時に強烈な臭いが漂ってきた
こんな体験って少なくはないと思います。

そもそもコルクサンダルに限らずサンダル自身素足で履いているため
足の臭いがにおってしまいがちですよね!

ではそもそも足の臭いって何だろう?
という疑問が出てきます。

臭くなってしまうメカニズムは
長時間サンダルを履いていると、だんだん汗を掻いてきます。
この汗がサンダルに足の裏の皮脂やアカなどが混じり
これらを好む雑菌のえさになり繁殖するため臭いにおいが起こります。

そして普通のサンダルよりコルクは吸着しやすいので臭いが蔓延しやすくなりますね。
吸着し奥まで入りこんだ雑菌は根を深くに張るので洗浄や殺菌をしても
効果が薄くなってしまいます。

なので臭いにおいを蔓延しないためには洗浄して落とすより
臭くならないように予防することが大切です。

コルクサンダルの臭い予防方法

上記で書いた通りコルクサンダルは臭いを取り除くより
臭いを着かないようにするのが大切です。
ここで予防策をいくつか紹介したいと思います。

・制汗剤スプレーをする
裸足で履くのでまずは足の裏に制汗剤を吹きかけましょう
そうすることによってできるだけ雑菌の繁殖を抑えるようにします。

・履く前にサンダルに消臭スプレーをする
履く前に消臭スプレーをしましょう
市販の消臭剤は水分が多く履く前には適していないので
靴屋などで売っているサンダル用のスプレーをしたほうがいいです。

・履いた後は拭きとり、消臭スプレーをする
履いた後はまずはかわいたタオルなどでふき取りましょう
そのあとに仕上げとして消臭スプレーをします。

※それと他にできればしておきたいコト

サンダルなどの汗をじかに吸ってしまうものは乾燥をさせなければなりません。
でなければ雑の繁殖を促してしまうので出来れば1日以上は感覚をあけてから履いてもらいたいのです。

そんなことをしたら毎日履けないじゃないか!
となりますよね?

スポンサーリンク

なのでここで推奨するのは「サンダルを2足買う」ことです。
2足のサンダルを購入しこれを交互に履いていきます。

お気に入りのものであれば同じものを2足買ってもいいですし
違うものを買って楽しんでもいいと思います。

2足買うメリットとしては実は1足を履き潰すまで履いてから新しいのを履いた2足より交互に履いたほうが長持ちします。

コルクサンダルの緒の部分を柔らかくする

買ってきたコルクサンダルは足の裏の当たる感じがさらさらしてて気持ちいいと思います。
しかしいざ履いてみるとだんだん緒がすれてすごく痛くなります。

コルクサンダルって緒の部分が革でできていることが多いので
最初のころはすごく固いんですよね。

なので革製品を柔らかくする方法からヒントを得て
買ってきたサンダルを柔らかくする方法を紹介したいと思います。

それはドライヤーをあてて温めながら揉みこみをすることです。
革製品は熱を加えると柔らかくなるので、柔らかくなったところを揉むことによって馴染ませていきます。
履いた時に固さを感じなるなるまで揉みましょう!

まとめ

コルクサンダルの大切なことは汗をそのままにしておかないことです!
冬になったら新聞紙に包んで、湿気から避けて保管しましょう。

サンダルの簡単な洗浄と脱臭方法もこちらで紹介してます。

スポンサーリンク