夏風邪の原因は?なぜぶり返すのかと治し方効果のある食事を紹介

みなさんは夏風邪を引いたことがありますか?
私は過去に1度だけかかったことがあるのですが、とても長かった気がします。
実際調べてみると、やはり夏風邪は長引く、ぶり返すというのが割とよくあることみたいです。

では冬の風邪となぜこんなにも違うのか紹介します。

スポンサーリンク

夏風邪の主な原因とウィルスの種類

夏風邪をひく場合は一体何が原因なのでしょうか?
何か夏にいるウィルスが特別なような気がしますよね

実はその通りで湿潤な環境や暑さなどを好むウィルスが繁殖しているため
冬にかかる風邪と少し質が変わってきます。

しかし体が健常であればこれらの病気は発症しにくいので
そもそも根本的に夏風邪は生活習慣から引きやすい原因があると言えます。

その主な原因は「体を冷やすこと」です。
夏の暑さから逃れるため、エアコンなどで体を冷やし
冷たい飲食物を摂取することによって体に強い負担をかけてしまい
免疫力が低下するのです。

また子供が夏風邪をひきやすいのも免疫力が低いからです。

主に猛威を振るっているウィルスの種類を紹介したいと思います。

・エンテロウィルス エコーウィルス
夏風邪はよく下痢や嘔吐を伴うことがありますが
これはエンテロウィルスやエコーウィルスなどの腸内に感染するものが代表的で
これらが腹痛を引き起こし下痢や嘔吐を引き起こします。

・アデノウィルス
喉の痛みを伴うものも有名でよく言われる「プール熱」は
アデノウィルスと呼ばれるものがプールから感染されることが多いため
そう呼ばれるようになりました。

・コクサッキーウィルス
喉の痛みを伴い高熱を発症するが代表的な症状です。
子供にかかりやすいのですが、成人でも発症します。
大人でかかると重い病気になる可能性があるので高熱が続く場合はすぐに病院に行きましょう

これらが夏に猛威を振るっている代表格ですね。

夏風邪はなぜぶり返して長引くのか?治し方は?

夏風邪は長いってよく耳にしますが
かかった身としては本当にその通りだなって感じです。

何でこんなにも長引くのかというと、
夏風邪は見てのとおり多くがウィルスであるため抗生物質が効かないので自己治癒でしか治せません。

また、冬の風邪は呼吸器だけに掛かるのに対して夏の風邪は腸で繁殖します。
腸で繁殖した場合は出し切るまでに1ヶ月ほどかかるため
出した便でまた感染するというスパイラルもあるので気をつけましょう。

治し方は免疫を高めることです。
体を冷やしがちですが、体を温めしっかり汗を掻きましょう
汗はそのままにせず、適度に着替えたり汗を拭いたりしましょう。

スポンサーリンク

次に大切なのは水分補給です。
夏は水分が足りなくなりがちですが、腸で繁殖したウィルスは押し出すために下痢が出るようになります。
下痢を出すときに体内の多くの水分が排出されますのでこまめに水分補給をしましょう。

最後には体調を整えること
単純にしっかりとした食事と睡眠で体を万全の状態に近づけ
体内の治癒能力を高めましょう。

以上のことが大切になります。

夏風邪は体内に残るので治ったと思ってもまたぶり返します。
なので長期間安静できるように時間を取りましょう。

夏風邪に効く食事は?

夏風邪になった場合はどんな食べ物がいいでしょうか?
調べてみました。

喉が痛い場合
喉が痛い場合は食事をしたくても取れないですよね。
なので消化よく喉越しがいいものがいいです。

おなかが痛い場合
下痢が伴う場合は水分の補給が大事です。
なのでスポーツドリンクなどで水分を補給するのがいいのですが
市販のものは少し濃いので水で薄めて多く飲むようにしましょう。

栄養のあるものをバランスよくとったほうがいいのですが
・ゼリー飲料
・うどん
・お豆腐
・おかゆ
などが食べやすいと思います。
あとは生姜汁は食欲を促進させ体のうちから温まる作用があるのでオススメです。

まとめ

夏風邪が起こる原因は温度
体をしっかり温めて想定しているより長めに安静にして過ごしましょう

スポンサーリンク