父の日の花は何?おススメの花やお墓参りのお供えの場合は?

父の日に何かプレゼントを考えている人は多いと思います。

とりわけ母の日より実用的なもの「ハンカチ」「財布」などが多い気がしますが

たまには、花なんかもいいかもしれないですね。

でも父の日を代表する花ってあるのでしょうか?

母の日はカーネーションですが、父の日は知らないですよね。

父の日定番の花について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

父の日に定番の花は何?

父の日に定番の花はいったい何なのか?

実は鉄板でこれ!というのはないみたいですね。

多くの場合は5月あたりから咲く「バラ」が贈り物として多いみたいです。

やはり、花に疎い男性でも知っているというのが強みなんでしょうか。

真っ赤なバラなんかは派手でわかりやすいのでいいですね!

最近のトレンドとしては父の日は黄色がイメージカラーなので黄色~オレンジ色のバラがセットで販売していることが多いです。

イメージカラーのせいか「ひまわり」を押している人も多いですね。

個人的にはあまり好きではないのでひまわりを贈られてもなぁとは思いますが

「元気」のイメージや花言葉に「崇拝」「憧れ」などがあるため大黒柱にはぴったりなのかもしれませんね。

父の日におススメの花は?

それでは父の日にぴったりの花はいったい何なのでしょうか?

個人的におススメするのはやっぱりバラですね。

花束の定番で迫力もあるので、意外ともらうと嬉しいものです。

また一輪でも存在感があるため、プレゼントに添えることもできますね。

色は特にこだわることはないので好きなものでいいと思います。

次に候補に挙がるのが白のカーネーション

母の日の対比です。

母の日にカーネションを贈った場合は父の日にも合わせると夫婦いつまでも仲良く言うイメージやメッセージ性が出るので好ましいですね。

また白のカーネションは花言葉に尊敬が含まれているの手紙になど書く場合は引用することもできます。


スポンサーリンク

お墓参りのお供え物の花はなにがいいか?

すでに亡くなっているお父様に何かお供え物をと考えている場合です。

お墓参りの花は生前好きだった花をあげるのがいいと思いますが、時期的なものもありますし「父の日」とまた違ったシチュエーションなので特別感を出したいですよね。

やはりここでも白いバラがいいと思います。

しかしバラだけの花束しかも白となるとちょっと場違いな空気も出てしまいます。

なので「カラー」「トルコキキョウ」「スプレー菊」などほかの白色の花で包んでもらうと慎ましさもあって美しい仕上がりになるのでおススメですよ。

まとめ

父の日におススメの花についてでした。

男の人にはなってどうなの?ともうかもしれませんが意外とうれしいものですよ。

また定年後のお父さんは切り花ではなく鉢植えなど渡して育ててもらうのもいいかもしれません。

スポンサーリンク