寝冷え対策は夏もすべき!男性もしたほうがいいのは腹巻

夏はどんなスタイルで寝ていますか?

寝苦しい夜が続くとクーラーをガンガンにつけたまま寝たり
適度に冷えてから、ほぼ裸の状態でブランケットをだけかけて寝てたりして
翌日には蹴っ飛ばしてお腹は丸出しだとかよくあると光景だと思います。

そのせいで寝冷えしてしまいお腹がいたいなんてよくありますよね?
お腹が痛いだけならいいですがひどいときには嘔吐感まで
さらにはそれがキッカケで夏風邪もひいてしまうかもしれません。

なので夏の寝冷え対策はしっかりしましょう!

スポンサーリンク

夏の寝冷え対策

夏の寝冷え対策を紹介したいと思います。

・温か過ぎる恰好をするのはNG!
夏の寝冷え対策は冬とは少し違います。
その理由は汗を掻きやすいこと!

汗を掻いて体温を急激に冷やしてしまう人が多いのです。
なので温かい恰好をするというのは実は逆に冷やしてしているなんてことも
また寝苦しさを助長し睡眠の妨げになったりとデメリットも…

なので大切なのは体の真ん中だけを温め、末端は何もつけない

これが大事ですね。

ではどうすればいいのか?ということになりますが、
ここではオススメするのが「腹巻」お腹を温めれば寝冷え症状を抑えることができます。

・基礎体温を上げる

夏は体を冷やしてしまいがちです。
なので体のうちの体温は高くしておいたほうが寝冷え対策になるだけではなく
免疫も上がり風邪になりくいですし多くのメリットがあります。

体温をを上げる方法として
【ストレッチや運動を定期的にする】
【冷たいものを食べ過ぎない】
【根菜を多く食べるようにする】
【十分な睡眠をとる】
以上のことを心がけましょう!

男性も寝冷え対策!

男性が寝冷えになっているのはただの油断で普通に寝ていたらならない、なんて思いがちですが
実は男性の冷え性が年々増えているようで男性の基礎体温がかなり低下している傾向にあるようです。

これは睡眠時間のずれや十分に取れていない、また食事のバランスに偏りがあるなどから生じる自律神経の乱れが原因にあがります。
またストレスなんかもファクターのひとつになっていますね。

朝起きたら喉が痛いなんていうのも立派な寝冷えの症状
風邪ひいたかな?といって特に何もせずにそのまま風邪を引くというのが王道パターン。

スポンサーリンク

なので男性も上で書いた通り「暖め過ぎない」「体温を上げる」この二つを実践する必要があります。
特に男性はしっかり身に付けて寝ることを嫌う傾向にありますが腹巻はつけておいたほうがいいですよ

メンズの腹巻

男性の腹巻というと毛糸の腹巻でステテコの昭和のオヤジスタイルを想像しがちですよねー

また市販で売られているものは女性を対象にしているものが多く
つけてみるとわかりますが、結構圧迫されて気持ち悪い感覚があります。

男性が腹巻をするには気にしたいところに楽さが大事なのかなと思います。
ここでオススメしたいのは「綿の腹巻」
綿の腹巻は楽でさらに薄いのでごわごわした感じもありません。
また綿は洗濯も楽なので汗を吸ってしまってもどんどん洗濯できます!

またメンズの腹巻だって進化していて
パンツと腹巻が一体化している「はらパン」と呼ばれる物もあります。
スパッツ地の素材の腹巻がパンツと一体化しているもので
極論ですがこのスタイルのパンツ一丁なら寝冷えになりにくいと思います。

まとめ

夏の寝冷えの原因はクーラーだけじゃありません。
汗を掻き冷やしてしまわない方法をしましょう!

スポンサーリンク