初心者のタップの交換方法、タップの選び方やアールなどについて

初心者がマイキューを持ち始めて数か月、早い人だと3ヶ月ほどでタップがヘタってきてしまいます。

やはり道具なので定期的なメンテナンスが必要です。

しかし、交換っていったいどうやるの?そんな人も多いはず

なので初心者にお勧めのタップ交換について触れたいと思います。

スポンサーリンク

初心者のタップ交換方法

初心者にありがちなのが周りの上級者に「もうタップが死んでない?交換したら」

なんてアドバイスを受けて初めて自分のキューが消耗していることに気づくことが多いと思います。

しかし交換といってもよくわからないですよね?

私も最初どうすればいいか分からずひたすらネットで調べていました。

自分の道具のことなので自分でメンテナンスできるのが一番です。

動画などで交換の仕方を丁寧に解説しているものもあるので見ながら交換してみるのもいいでしょう。

でも交換って難しそうじゃないですか?

私は不器用なので絶対できないなぁと思っていました。

ではどうすればいいのか?

答えはビリヤード場で交換してもらうです。

私の体験談なのですが、

当時私はマンガ喫茶でしかついていなかったので、交換をしてもらえるビリヤード場をネットで探し

ネットでタップを購入してから、ビリヤード場を訪ねました。

代金はタップ代が1500円ほどで工賃が1000円くらいだったと思います。

どこでも交換料は1000~1500円が相場らしいです。

また、タップもネットで買ったのですが、大抵お店にある在庫で交換してもえ

持ち込みの場合持ち込み料を取られることもあるので注意が必要です。

交換にかかる時間は1時間もあれば終わると思います。

なので想像している以上に気軽にキューを持って交換できます。

タップの選び方は?

次に疑問に思うのはタップの選び方はどういうものがいいかですね。

選ぶポイントは「打感」

内訳を考えると
・皮の質(メーカーなど)
・層
・硬さ

あたりになるのでしょうか。

正直に言えばこだわるほど打感はわからないと思いますし

いろいろ試してみたほうがいいので強くこだわる必要はないと思います。

ただ個人的には硬さは今使っているものより硬いほうがいいです。

硬いほうが球の芯をつかないとまっすぐに行かないですが、ちゃんと撞ければキレるので回転がかかりやすくなります。

なのでまっすぐをより撞けるように意識できますし、押し引きをできるようなるので中級者へとレベルアップするのであればより硬いほうが向いていると思っています。

現在の硬さがわからない場合はまず各メーカーにS、M、HとあるのでMのものを選べば大丈夫です。

次回からはHを選んで、以降自分の好みの硬さを探していけばいいかなと思います。


スポンサーリンク

Rとは?

仕上げのタイミングでよく聞かれるのがR(アール)です。

これはタップの丸み具合のことをさしおおよそ3段階ほどに分かれています。

難しいことを考えず普通でいいですと答えればOK

あくまで個人的な意見ですが、Rが丸いほうがキューを立てて撞く傾向に合っていて

フラットなほうが、寝かせて撞いている人に合っていると思います。

しかし、標準で十分ですよ。

まとめ

タップの交換はビリヤード場で手軽に交換できるのでぜひ仕事帰りなどで立ち寄ってみてください。

変えた後は違和感があって予想以上にてこずると思いますが、タップが悪かったなんてことはないです。

不慣れで対応力がないためなので、慣れるまで根気強くついていきましょう。

スポンサーリンク