ビリヤードの初めての試合観戦のチケットの買い方やマナーについて

ビリヤードをしていると知人が増えていき、そのうちにプロの試合の観戦しないかと誘われたりすると思います。
初めてのころはあまり興味ないとは思いますが、やはりプロの試合はいい刺激を受けるので
個人的には観戦に行くことはとても有意義なことだと感じています。

しかしビリヤードの試合となると格式が高そうに感じますよね
実際どういう状況なのか想像もしづらいと思います。

なので初めてビリヤードの試合を観戦する方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

チケットの買い方と観戦の服装

試合のチケットの購入方法です。
日本プロポケットビリヤード連盟主催(JPBA)の試合は年30大会以上あります。

しかしチケット購入方法は毎回少しずつ違いので確認が必要ですが
基本的にはチケットぴあでコンビニから買えて
それ以外の場合はプロ団体や開催店で購入するケースがあります。
また最近、関東支部ではWedチケット購入でクレジットやコンビニ決済で購入できるようになりました。

値段は安いものは1000円ほどで高くても4500円くらいです。

観戦する服装はやはり紳士のスポーツなのでラフな格好を避けたほうがいいです。
とはいってもしっかりスーツ姿でバッチシという必要はなく
男性の場合は短パン・サンダル等じゃなければチノパン・ポロシャツなんかでもOKですし
女性はカジュアル過ぎなければ比較的何でも許されていると思います。

会場でのマナー

ビリヤードの試合会場は大きい場合は椅子があってその後ろに立ち見席があるのが普通だと思います。
それ以外は台を囲むように立ち見をする感じになると思うのですが、どの位置にいればいいのか分からない場合があります。
その時はスタッフに尋ねると丁寧に教えてくれるので、かしこまらずに聞いていきましょう。

試合が始まった場合は、私語は慎みましょう。
集中力が結果につながるので邪魔をするような行為はできるだけ避けたほうがいいです。
ヤジを飛ばす。ミスしたときに拍手をするなどの悪意のある行為はマナー違反です。

いいプレーをした場合は拍手をして「頑張れー」とか「いいぞー」とか声をかけても全然いいと思います。
タイミングとしては撞いてからヘッドアップ(頭を上げる)した直後がベストです。
フォームを構えているときは集中しているので、気を散らすようなことは避けましょう。

スポンサーリンク

写真などは撮っていいのか?

やはりひいきにしている選手のプレーなどは写真に撮っておきたいなど思うかもしれません。
また会場の様子を記念に撮っておきたいなどあるとは思います。

原則、試合中は撮影禁止です。
どうしても撮影したい場合は、主催者に電話などで許可を取っておいたほうがいいでしょう
またフラッシュ撮影は迷惑になるので禁止です。

もし選手などのサインや記念写真を取りたい場合は声をかければ気軽に応じてくれます。
やはりファンあってのプロなので邪険に扱われることはないので安心してください。
しかし、試合直前等デリケートなタイミングは避け試合終わりに声をかけるようにしましょう!

まとめ

チケットは団体によって販売方法が違うのでよく確認をしておいてください。

マナーは基本的に邪魔をしないことを心がければ特に難しいことはないので
固くならず気軽に観戦できます。

プロの姿を本当に目の前で見れる試合は勉強になるので機会があればぜひ見てください!

スポンサーリンク