親知らずの抜歯で入院したこと、痛み腫れが引くまでについて

親知らずは多くの人が生えているとは思います。

中には上手に生えてきたおかげで抜く必要のない人がいるのですが
私の場合は少し難しい状態だったのでその体験を少し語りたいと思います。

スポンサーリンク

最初は虫歯だった

親知らずを気にしだしたのは大学生のころだったのですが、
上の奥歯から角が少しだけ顔を出している状態で生えてきて、何か食べると少しはまってしまうようになってしまいました。

しかし大したことも無く痛みがあるということもなかったので、当時は放置していました。

そのうちに2本歯が上下に新しく出てくるようになり、上あごに関してはちょびっとだけだったのですが、下あごについては斜めに奥歯に食い込むように生えていました。

それでも、あまり痛みもなかったので特に気にせず日々を過ごしてしたのですが社会人になってからある日激痛が伴うようになってしまったのです。

原因は変な生え方をしている下の親知らずが、上手に歯を磨けていないせいで虫歯になっていたのでした。

半休をもらい急いで歯医者に行き抜いてもらうことにしました。
見てもらうと下の親知らずはかなり奥まで侵食していて、上あごの親知らずも少し虫歯になっていたそうな

詳しい様子を見るためにレントゲンを取ってみると
「これは難しいやつだねー、ここの施設じゃできないよ」
と言われてしまいました。

先生曰く、下あごの歯の形がねじれているため真っすぐ抜けないこと、神経を守っている鞘が生まれつきないとも言われました。

下手な人がやったら顎にしびれが残ったり最悪動かせないこともあると脅されましたが
腕のいい先生がいる大学病院を紹介を紹介されました。

結局その日は最初に生えた上の親知らずを抜いて終わりました。

ちなみに親知らずは上あごに関しては簡単に抜けますし、抜いた後に激痛を伴うことは少ないです。

入院の打診

大学病院に行ったとき「うーん難しいね」と歯医者と同じセリフを言われました。

そこで提案されたのが、全身麻酔をすると入院をすること
『入院…?』当時親知らずで入院をするといったイメージがなかったため
驚きを隠せませんでした。

社会人なので気軽に休めませんが自分の体のことだからしょうがないかと

更に言うとその先生が来ている曜日が水曜なので水曜から入院してほしいと日付まで指定されました…
詳しい内訳は初日に抜歯をし術後経過で3泊4日の入院という話でした。

話を進めると、まだ生えていない親知らずが水平に生えていて
今はほっておいてもいいけど埋まっている親知らずは膜に覆われていて
その膜が腐って虫歯になるケースがあるため、早めに抜いておいた方がいいと告げられました。

その時の私はめんどくさいし全部抜けばいいじゃないか!
と簡単な気持ちで3本抜くことお願いしました。

これが後々の後悔になるのですが…

入院から抜歯後について

入院初日に抜歯を行うので午前中は書類関係を済ませ
食事は早めにとって歯を磨き待っていました。

名前を呼ばれ、いざ手術になったときはかなり緊張しました。
全身麻酔だったため診察台の上で話しかけられていたはずなのですが急に眠くなり
目を覚ました時には手術は終わっていました。

腫れは3日後が一番腫れるから痛みがある場合は痛み止めあるから使ってね。
と言われました。

その後、口から血が出ているので受け皿を持ち車いすで自室まで運んでもらい
安静にしたいることに
その時は大したことないなーと安心していました。

スポンサーリンク

その晩の食事も血の味がする以外は普通に食事が取れました。
看護師の方いわく痛み止めは座薬しかないなので痛くなったら言ってください
と声をかけられ座薬は嫌だなーと思い夜を迎えました。

その夜は痛みが12時を回ったころから始まりました。
恥ずかしさがまだ勝っていたので我慢することに

しかし

頭が割れる痛みに襲われさすがにナースコールを!座薬をもらうことに…
効き始めるまで15分ほどかかったと思います。
痛み始めた時にもらうとすごく楽なので皆さんはそうしてください

いつの間にか寝ていたのですが起きると異変が
腫れで口が閉まりづらくなっていました。
食事もうまいこととれなくなり辛いことに…
痛み止めを定期的に飲むことを覚えたので痛みは耐えられるようになり
座薬のお世話になったのは初日だけでした。

歯医者さんに言われた通り3日が一番腫れ顔がどうしようもないことに
何も食べれないどころか、口も動かせないのでしゃべれ無かったです。
どうしようもなくなり、この時初めて両方の下の歯を抜くのは危険だということに気づきました。

この晴れが引き始めたのは退院し家に帰ってからの5日目あたりから
痛みはこのころになると痛みは引いてきますが
痛みが完全に引くまで1週間かかりました。腫れも大体それくらいで引いてくるので
仕事をしている場合はそれくらいの期間を休みを取っておいたほうが無難です。

個人的には入院する回数は増えますが一回で済ませるには厳しい体験だったので
もし親知らずを抜く場合は1本づつがいいと思います。

2週間ほどしたら抜糸をしておしまいですが
抜いた後の穴は埋まらず食べ物が詰まる気持ち悪いことになるので
埋まるまで半年ほど我慢しなければなりません。

まとめ

以上から
・親知らずは入院することも全身麻酔することもある
・食間中の痛み止めは座薬しかないけど素直にもらったほうがいい
・痛みは5日間 腫れは3日目ピークで5日目から引き始める
・抜いた後の穴は半年ほどでうまる

下あごの親知らずは片方づつ抜いた方が負担は小さい!

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク