ソイプロテインを利用したダイエットは効果があるのか?

私は男なのでダイエットなんて気にしないで生きて30年近くなりましたが
さすがにこの歳になると意識をしないと太るようになってきました。

もともと運動が好きなので太り始めたら運動をして食事制限は一切していないのですが
やはり効果的に痩せたなという実感を得られたことがあったので少し書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

プロテインを摂取する

世の中にはプロテインダイエットなるものがあるらしく
要は食事の代わりにプロテインを取ったり、食事前に取ることによって脂質を取らずたんぱく質を取るという考えらしいのですが
運動をした後のたんぱく質の要求が高くない状態でプロテインを摂取をしてもあまり吸収されず
それどころか過剰摂取による障害など起こる可能性があるので
運動をしたくないのに痩せたいという人にはオススメしません。

なのでプロテインダイエットが優位に働くのは運動をしっかりしている人に限られるといえます。

しかしここで新たに説明したいことがあります。

プロテインには3種類のものがあり
即吸収される動物性たんぱく質のホエイプロテイン
吸収に時間がかかる動物性たんぱく質のカゼインプロテイン
吸収に時間がかかり、たんぱく質量も微妙なソイプロテイン

の3つがあります。

いわゆる皆が言うプロテインはホエイプロテインのことを指すことが多いです。
運動直後の体はたんぱく質を欲したゴールデンタイムと呼ばれる状態になるらしく
即吸収してくれるホエイプロテインは理想的なプロテインといえます。

それ以外のプロテインの利用方法は、吸収の遅い性質を利用して就寝や休息中に少しずつたんぱく質を供給する目的があるのですが
そこまでの管理をしている人はあまり多くないと思います。

特にソイプロテインはたんぱく質の吸収率は動物性のものと比べ劣るのでなおさら必要はない気がします。
が、ソイプロテインの違う側面を利用した食事制限を私はしていました。

ソイプロテインを摂取すると何がいい?

ソイプロテインはその名の通り大豆から出来ているので、ものすごく単純に言えばヘルシーです。
さらには、おそらく煎り大豆の粉砕したものなのか分からないのですが、意外と腹持ちがいいのです。
この腹持ちのよさは豆乳には無いものなのでかなり便利です。

またソイプロテインを牛乳に混ぜることによって
ミネラルと動物性たんぱくを増やし比較的バランスの良い食事を手軽に代えることができます。

私は朝ごはんを早朝の5時に食べているのですが
代わりにソイプロテインを摂取してしていた頃は11時ごろまでは空腹感はなかったです。
しかし人は不思議と体が慣れるようで毎日3ヶ月ほど飲んでいると
9時ぐらいには何となくおなかが空いてしまうのですが(笑)

この腹持ちのよさもあって一日の食事や間食の回数が減りあまり運動をしなくても
自然と体型の維持ができていました。

スポンサーリンク

なのでプロテインダイエットとは質は変わるのですが
運動がしたくない人はソイプロテインは有効なのではないかと思います。

ソイプロテインを選ぶポイントと作り方

ザバスなどの有名な会社のプロテインは飲みやすさなども配慮されていて
ホエイなどの複合したプロテインになっていることが多いです。
それらは吸収が早い傾向にあり上記の効果を狙いづらいので
個人的には100%ソイプロテインのものを選ぶといいです。

個人的に使用しているのは「大豆プロテイン ソイプロテイン BODYWING
味の保証できないですが、豆乳が好きなら行けると思います。

また水に溶けにくいのでシェイカーですごく振って溶かしますし
粉っぽいので舌触りが苦手な人もいるかもしれないので注意が必要です。

簡単な作り方として
シェイカーにすり切れ2杯ほど付属のスプーンで入れ、
半分まで牛乳さらに加えよく混ぜます。

とても簡単ですが飲み終わった後すぐ水ですすがないと洗いが意外と大変なので
終わり次第早めにすすぎましょう

まとめ

ソイプロテインの腹持ちのよさを利用してダイエットには利用できると思いますが
やはりプロテイン系ダイエットのキモは筋力をつけて代謝を上げること!

なので運動を取り入れたダイエットをすれば効果的ですよ。

スポンサーリンク