独身男性が送る出産祝いの相場や贈り物の選び方は?持っていくといいもの

独身男性には多くの試練がありますが、出産祝いもその一つだと思います。

早い段階で結婚した友人が出産すると、結婚生活すら想像がつかないのに何を送ればいいのか

そもそも、どれくらいが相場なのか分からないですよね。

なので独身男性が出産祝いを送ることについての色々を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

出産祝いの相場は?

出産祝いの相場は基本的に関係性で多少変わりますが、

友人や知人程度であれば5000円前後が妥当ですね。

会社で若輩ならば3000円、それ以外の後輩・先輩・上司関係なく5000円くらいが妥当かと

親しかったりかっこつけたかったら1万円くらいかなと

ここで考えてあげなければいけないのは「内祝い」基本的には内祝いを送らなければ失礼と考え相手は色々と動かれると思います。

贈るほうの手間を考えてあげたりすると、3000円~5000円程度の品物を送り

「まだ出産とかないかもしれないけど、こういうのはお互い様だからお返しはいらなよ」といっておいたほうがいいですね。

下手に1万円を超えるものを用意すると相手を困らせてしまいますからね。

そうすると、相手も気兼ねなくお付き合いできますし第2子・第3子などの時も贈りやすいので

見栄を張りたい気持ちはわかりますが、気持ち少なめの方がいいですよ。

出産祝いには何を送るべき?

さぁ本命の贈り物についてですが何がいいのでしょうか?

よく目にするのは
・洋服セット
・タオル
・食器
・子供用品
・おむつ
・おむつケーキ
・おもちゃ
・記念品

など見ると思います。
確かにいずれ必要になるであろうものですね。

特に奥さんの友人なんかは、出産経験があり必要だったものなどでかつ縁起物っぽいおむつケーキや記念品を贈る人が多いかもしれません。

なのでこれらは被りやすいです。

枚数が多くても便利なのはタオルだったりしますが男性からしたらなんかこんなんでいいの?て気持ちに…

なので割と多くの男の人が逃げてしまうのは「おもちゃ」

でもおもちゃってパパが好んでちょこちょこ買ってきちゃうんですよね。

そうなるとどれを贈ればいいのか分からない…ということに

こんな事態に陥らないようここでオススメするのは「商品券」

商品券ならば必要なものを買ってもらえますし、何よりも現金なんかよりいやらしくはない。

独身男性らしさもあるし、イメージも悪くないと思います。

では様々な商品券がありますがどれがいいのでしょうか?

・QUOカード
・JCB
・VISA
・各百貨店

など様々ありますよね。

クレジット系列の商品券が一番無難に見えますが個人的にお勧めするのは「イオン商品券」

イオン内は当然ながらイオン系列すべて使えるのでミニストップなんかも使えます。

食品・子供用品などオールジャンルフォローできかつ店舗数も多いので、腐らせることも少ないと優秀な商品券なのでオススメです!

ちなみに店頭で購入するとのしも書いてくれるので楽ですよ。

スポンサーリンク

持っていくといいもの

いざ、訪問するとなったときに必要なのはやっぱり手土産。

ケーキやお菓子など向こうがお茶菓子を用意する手間を省いてあげるのがスマートだと思います。

またお祝い事のメインは子供に見えますが、頑張ったのは両親なのでねぎらいの一品なんかも

お酒を飲むような間柄なんかはワインなんか贈ると喜ばれますね。

奥さんは授乳期間中の飲酒はタブーなので内緒か奥さん側にも何か食べ物を買っておく方がいいのですが(笑)

まとめ

独身男性の場合は5000円の商品券で個性を出さずにさらっとした方が好まれます。

おそらく付き合いが長くなるであろう人ならば、贈りあいを必死にやってしまうと疲れてしまうので適度な軽さは重要ですよ。

スポンサーリンク