初めての引っ越し値段の相場や業者の選び方などについて

大学入学や就職、転勤など様々な転機で起こる引っ越し

生きているうえではかなりの数をこなしている人もいれば、一回もない人もいると思います。

数回経験していても自分が主導で動かなければならないとなると初めてなんて方多いかと思います。

なので初めての引っ越しについて語りたいと思います。

スポンサーリンク

引っ越しの相場は?

引っ越しの値段って位くらいかかるのか気になりますよね。

全部一人でやれるのであれば、費用が掛からないように見えますが梱包材だったり時間だったりと経費が掛かったりします。

なので業者に任せたほうが結果的に費用対効果がよいことが多いでしょう。

一人暮らしの近場の移動の場合は自分でちょくちょく運ぶほうがいいですけどね。

では引っ越し業者を使った場合どれくらいかかるものなのでしょうか?

実はこのくらいの値段であるとは簡単には言えません。

・引っ越しの時期
・引っ越す距離
・荷物の量

これらによってかなり値段が変わります。

引っ越し業者は繁忙期の2月~4月頭、8月は値段が上がります。

これは宿と同じシステムですね。

また平日か休日かで値段が変わり、休日のほうがやはり高くなります。

引っ越しの距離や荷物の量は増えればその分高くなるのは必然ですね。

その点を加味して、大体覚悟しておいてほしい価格は

一人暮らしは10万円

2人家族は15~20万円

大家族は40~50万円

これより安くなる可能性は十分ありますがまずはこれくらい覚悟しておいたほうがいいでしょう。

引っ越し業者の選び方は?

引っ越し業者を頼む場合どこがいいでしょうか?

まず最初に行ってほしいのは、引っ越す日取りを決めること!

これが決まらないうちは何もできないので早めに決めましょう。

また繁忙期に引っ越す場合は最低でも1か月以上前から決めておかないと業者が見つからないこともあるのでできるだけ早く設定をお勧めします。

次は家具など大物は処分するかどうかざっくりと決めておくことこれらを決めておくとスムーズに話ができると思います。

さぁこれらを決めついに業者を選ぶのですが、どういう選び方をすればいいのでしょうか?

まずは近くにある業者を3~4社ほどピックアップしておきます。

選んだ業者にまずは見積もりを取ってもらいましょう。

1社だけで済まそうとすると高く見積もられたり最悪ぼられたりするので競わせるのは基本ですね。

「~は○○万円でした。」といえば値段を下げてもらえます。

半額近くまで行くこともあるので交渉が苦手だといってもそこは頑張りましょう!

見積もりの際「段ボールを置いておきますね」と言ってマーキングをしてくる業者もあるのでそこはまず断りましょう。

断った際、段ボールの返却を求められ回収すらしてくれないので自分で返しに行かなければならなくなります。

選ぶポイントは安いところがいいのですが、できるだけ丁寧な対応をしてもらえるところ選んだほうが当日も丁寧に仕事をしてくれることが多いです。

同じ引っ越し会社でも地域によって丁寧さに差があります。

なので、ネットの評判などでは選ばず自分の目で確かめることが大事になります。


スポンサーリンク

業者にお願いする際の注意点

業者にお願いをしておけば引っ越しは大体お任せしてもいいのです。

使いかけの調味料ですらちゃんと梱包をしてくれるので楽ちんですね。

しかし引っ越し当日は、だれか責任のある人が家にいなければなりません。

当たり前だとは思う人も多いですが、意外と勘違いしてる方も多いので注意しましょう。

また貴重品等は自分で梱包し運びます。

これらのものは業者がまず運ぶことを断るのですが、万が一ということがあるのでちゃんと自分で行いましょう。

貴重品とは別に見られたくないプライベートなもの、女性なら下着などは自分で箱詰めすることをお勧めします。

女性スタッフが梱包してくれるということもありますが、繁忙期などは人手が足りなかったなど急なことも稀にあります。

まとめ

初めて引っ越しをする際は業者にお願いするのがベターです。

見積もりはだいぶ高めに言われるので半額まで粘るつもりで頑張って値切りをしていきましょう。

スポンサーリンク