結婚式のサプライズムービーのテンプレートとアイディアについて

20代も後半に差し掛かってくると結婚式ラッシュが始まっていろんな式に参加することが多くなってきますよね。
しかも、出席するだけではなく親しい友人だった場合は様々な頼まれごとがあったりします。
ふと頼まれることがあるのがサプライズムービー。
最近はすごく当たり前になってきて、毎回絶対というほど見かけるようになりました。
動画編集の敷居もだいぶ下がっているので、多くの人が頼まれる機会が増えてきましたよね。

しかしですよ?
いったいどういったものが喜ばれるのか正直分からないですよね。

頼まれた以上はいいものを作りたいのでと張り切るのですが、
気負いすぎて一周回って動けなくなったりします。
なのでここでどんなサプライズムービーがあるか紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

サプライズムービーの押さえるべきポイント

サプライズムービーは流すタイミングによって内容の自由度が変わってきます。

披露宴でのムービーをお願いされた場合
・家族親族が見ている
・友人が見ている
・職場の人が見ている
と様々な関係の人が集まります。

なので大切なのは内輪ネタにならないこと!
これが大前提です。

とりわけ家族などがいるの披露宴は失礼がないようにしなければいけません。

逆に2次会以降は年の近い学生の頃の友人が多くなるため
多少の内輪ネタやはっちゃけたネタの方が盛り上がったりするので
自由度は上がります。
これを踏まえてどんな内容にするか考えましょう。

個人的に披露宴にお勧めするのは感動系ムービーです。

感動系ムービー

非常によく見かける感動系ムービーですが
その代表はやはり友人たちからのメッセージを書てもらった写真を曲に流すメッセージムービーです。
しかし周りの協力も必須なので数が集まらない場合もたまにあるのでそれだけではなく

何か+メッセージムービーになります。

・お互いの歩んできた様子を友人視点で紹介。学生時代の写真とその時のエピソード+メッセージムービー
・スケッチリレーや曲に合わせたダンスなどの余興+メッセージムービー
・メッセージムービー→新郎新婦の恩師を直撃したビデオレターを流す→メッセージムービー

これらのアイディアを混ぜていったほうがいいですね。
最後の恩師のビデオレターはかなり盛り上がるので使いやすいですよ!

ネタのしてはその時流行ったお笑いネタやダンスのオマージュが個人的にはお勧めです。
これは「あぁ!この時こんなの流行ってた!」と後々みた時に懐かしさを喚起させるので思い出にはもってこいです。

スポンサーリンク

ネタに走るなら

せっかく人生に2度とはない思いで残ることをするのだから
周りと同じようなことをしたくはないという方もいると思います。
なのでアイディアの考え方を考えてみたいとおもます。

オススメなのがテレビのオマージュ

これは人気番組などと同じ形式でムービーを取ることで
誰でも知っていてクスッと笑えるそんなものに仕上がります。

例えば、「アメトーーク」などの○○大好き芸人です。
○○には新郎新婦の名前を入れて友人が昔のエピソードを語るなど番組形式で進行します。

他にも「プロフェッショナル仕事の流儀」風のドキュメンタリー調で、新郎新婦の出会いを紹介する。

などテレビの番組を眺めてマッチしそうなアイディアを見つけ出し当てはめていきます。
再現性を高める工夫をしないといけないため労力はかかりますが
もの凄く好評を得やすいのでオススメです。

まとめ

披露宴の場合かそれ以外で内容は慎重に選びましょう。

新郎新婦のキャラクターによってはネタに走ってもOK
その場合はテレビの番組のオマージュで笑いを狙いに行けばいいと思います。

大切なのは楽しんでもらうこと!
相手の顔をちゃんと想像しつつ製作しましょう。

スポンサーリンク